直線上に配置

おすすめハイキングコース (40)

【ツェル・アム・ゼー周辺(オーストリア)】


アルピーンツェンター Alpincenter 〜 マイスコーゲル Maiskogel (約3時間)
ツェル・アム・ゼー周辺で乗物を利用して上れる最も高い展望台がキッツシュタインホルンKitzsteinhornです。ツェルの町から30分毎に出ているカプルン村Kaprun方面行きのバス(660番)に乗り、終点の1つ手前の停留所「キッツシュタインホルン・ベルクバーンKitzsteinhorn Bergbahn」で下車します。ゴンドラリフト「パノラーマバーンPanoramabahn」に乗り込み、急峻な斜面を上ってラングヴィートLangwiedという圏谷の奥にあるホイズルアルムHäuslalmへ。ここでチェアリフト「ラングヴィートバーンLangwiedbahn」に乗り換え、到着したアルピーンツェンターで更に大型ロープウェイの「ギプフェルバーンGipfelbahn」に乗り換えます。山上駅を出たところが「トップ・オブ・ザルツブルクTop of Salzburg」と名付けられた展望デッキで、西側ヴェネーディガー山群ツィラーターラー・アルペン、北にローフェラー・シュタインベルゲ山塊や、ツェル湖の背後に並ぶベルヒテスガーデナー・アルペンホッホケーニッヒ等が一望でき、盛夏や冬季には「グレッチャー・シャトルGletscher Shuttle」というケーブルカーで眼下のシュミーディンガー氷河の雪原まで下ることもできます。山上駅からトンネルを進むとキッツシュタインホルンの西稜に張り出した別の展望デッキがあり、こちらからはグロースヴェネーディガーシュミーディンガー氷河だけでなく、ベーレンコップフ連峰やオーストリア最高峰のグロースグロックナーヴァイスゼー方面も眺められます。
さてハイキングコースはロープウェイで戻ったアルピーンツェンターを起点に各方面へ延びていますが、代表的なものが「アレクサンダー・エンツィンガー・ヴェークAlexander Enzinger Weg」と呼ばれるこの尾根歩きコースです。先ずはチェアリフト「ラングヴィートバーン」のケーブルに沿ってクレフェルダー小屋Krefelder Hütteへ下り、そこからラングヴィートの圏谷の西斜面をトラバースして北へ進みます。後方にホーアー・テングローセス・ヴィースバッハホルンキッツシュタインホルン等の高峰を眺めつつ沢を幾つか渡ると、シュタンゲンヘーエStangenhöheの痩せ尾根(写真)に入ります。右手にカプルン谷を隔てた峰々、左手にシュタインカールアルムの圏谷、背後にキッツシュタインホルン等を眺めながら尾根を北へ一段下り、小さなピークを2つ越えます。2つ目のピークの東側をトラバースした先がショッパッハヘーエSchoppachhöheで、ここからやや急な下り道となってドライヴァルナーヘーエDreiwallnerhöhe、更に下るとグロースグロックナーが見えるレストラン「グロックナーブリックGlocknerblick」があり、そこからゴンドラリフト「マイスコーゲルバーンMaiskogelbahn」の山上駅は近いです。山上駅の隣にもレストラン「ザウロッホアルムSaulochalm」があります。「マイスコーゲルバーン」のゴンドラに乗り込めばカプルン村の西外れに下りてきて、山麓駅の近くに往路で通ったバス停があります。(2019年9月)



※ 各コースの標題末尾の括弧内は、歩行に要した時間です(施設の見学や休憩等に費やした時間を含んでいません)。

前のページへ  次のページへ  トップページへもどる

直線上に配置